歯科ユニット

歯科ユニットの購入・買い替えのための資金調達

unit

歯科ユニット:100万円を切る格安のユニットがある!?

更新日:

 

歯科ユニットはとても高額で、1台最低でも300万円からと言われています。さらに最新の機能が付いていたり、ドイツ製など海外のものを取り寄せるとなると、400万円や500万円を超える場合もあります。しかも数台入れ替えるとなると、本当に資金繰りに頭を痛めるところです。

基本医療機器というのは何でも高額というのが一般常識ですが、何と100万円を切る格安の歯科ユニットが発売されているという情報が入ってきました。一体どこのメーカーで、どんな機能があり、そしてなぜそこまで格安にできるのか、調べてみました。

 

株式会社前仲原物産が販売する格安歯科ユニット

 

医療機器全般は高額なものという認識が当たり前の中で、歯科ユニットが100万円を切るというのは非常に驚きですよね。これが100万円を切る歯科ユニットです。

 

格安歯科ユニット

 

デザイン性も悪くないし、そんな格安感はないですよね。なぜそういった価格設定ができるのか、色々と調べてみました。

 

コンセプトは医療機器を適正価格に

歯科業界の活性化には医療機器の適正価格化が必要というのが考えだそう。ドイツ製の製品が一番良いとか、国内では〇〇がというようなメーカーのネームバリューで医療機器を選ぶ時代を終わりにしたいという考え。

もし医療機器に高額な費用をかけずに済むならば、歯科業界という厳しい業界の中でも医院として生き残っていけるはず。そして本当に患者さんに目を向けた治療ができるようになる。そういった理念の下で今回の100万円を切る価格設定にしているんですね。そしてこの値段が適正価格だと言うわけです。

 

どうして歯科ユニットをここまで安くできるの?

 

一般的には300万円、最新機能がついている場合は500万円近くもする歯科ユニット。一体どうしてここまで安い価格設定にできるのでしょうか?会社のサイト内にこんな説明がありました。

 

なぜ、こんなに安いのですか?

器械設置時にセルフメンテナンスブックを差し上げております。そこでスタッフ様などにお手入れ方法を覚えていただいております。メンテナンスというと大げさにきこえるかもしれませんが、器械としての難しさは自転車以上、原付未満です。
恐らく難しいのは、基盤関係くらいです。それらは、可及的速やかにメーカーより修理に伺います。

確かに現存の材料屋さんやメーカーさんから購入されるより格安だと思います。
私たちはルート営業をしておりません。ルート営業やしがらみを気にしながらの商いは大きな固定費になると考えています。
従来になかった器械専門店です。材料はご開業時以外は扱っておりません。

 

基盤など以外の部分のメンテナンスをメーカーが行なうのではなく、医院のスタッフにやってもらうことで大幅なコストダウンを図っているという風に受け止めることができますね。確かに医療機器が非常に高額なのは、その後の定期的なメンテナンス料などを本体価格に含めているからですよね。そこを医院側で自分たちでやることで費用を抑えているということのようですね。

 

またさらにこんな説明もありました。

 

外国製ということですが、どこの国で作っていますか?

製造工程は中国で行っています。部品は世界中から選定したものを日本販売用に特別仕様で仕上げています。
品質管理・製造工程の管理は日本でコントロールしています。
ご希望の先生には、中国の製造工場ツアーも実施しております。
日本での検品工場も一流の会社です。

 

価格が安い理由は、国内製ではなく中国製だからとも言えるようですね。以前は中国製の製品はクオリティが低いと言われていましたが、実は最近は中国の質は上がってきています。日本からの技術指導などが実を結び、近年の中国製品の質は非常によくなっています。でも人件費などを考えると、まだまだ中国製品は安い価格で購入することができます。安さの秘密は中国製というのが答えのようですが、品質にもかなり自信を持っているようですね。

 

さらにはルート営業などをせずに固定費を削減しているために、格安での販売が可能になっているという説明もありました。確かに安く歯科ユニットを購入できるというのは、大きな魅力ですね。しかし品質や機能面での差はないのだろうか、というのも非常に気になるところ。もし興味のある先生方はその辺りさらに詳しく調べてみることをおすすめいたします。

 

-引用 株式会社前仲原物産サイト

 

歯科ユニットの購入・買い替えのための資金調達 TOPページへ

-unit

Copyright© 歯科ユニット , 2018 All Rights Reserved.